カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

DaytonaStyle                                             

キャップ取付け方法

デイトナスタイルキャップ取付け手順】

1. 車を安全で平坦な取付作業が可能な場所に止めて下さい。

2. 十字レンチか車載のレンチを使い、ホイールのナットを少しだけ緩めて下さい。

3. キャップを取り付ける側をジャッキアップして、タイヤを少し浮かせて下さい。

4. 純正ナットを取り外し、かわりに付属のナットを軽く取付ます。

5. キャップのツメをホイールの穴に合わせ、ホイールとナットの間に挟み込む様にナットを締めながら固定します。

6. タイヤを手で押さえ、ナットが回らなくなるまで奥まで手で締めます。

7. ジャッキをゆっくりおろし、レンチを使い適正トルクでナットを増し締めして完了です。

8. 最後にセンターキャップが確実に固定されているか確認して下さい。

※ ご注意

1. 本製品はスチールホイール専用設計となっていますので、アルミホイールには装着出来ません。

2. 4穴でP.C.D=100 のお車は、21mm角のナットでは取付けレンチがキャップに干渉してしまい装着出来ません。(付属のナット19mm角をご使用下さい。)

3. まれに車載工具(L型レンチ) がキャップに干渉してしまう場合があります。その際は、十字レンチ、ナットアダプター等をご使用下さい。

4. 純正ナツトを使用しても装着可能です。

5. 車種によっては、センターキャップが多少車体よりはみ出す場合があります。

6. 取付け後、力を入れてキャップを手前に引っ張ると外れる事がありますが使用に問題ありません。耐熱性を持たせる為、ツメ部に柔軟性があるナイロン材を使用している為です。取れた場合は同じ要領で付け直して下さい。(キャップ本体とツメ部がしっかりとはまっていれば、走行中に外れる事はありません。)

ジャッキアップして純正のナットを外します。

           ↓

付属のメッキナットを手で閉まるところまで軽く取り付けます。

           ↓

キャップのツメをナットとホイールの勘合部に挟む様にして取り付け、ジャッキを降ろしてナットを規定値で締め込みます。

           ↓

取付け完了です。

(ツメ部が、ナットとホイールにしっかり挟まった正常な取付け状態。)

【デイトナスタイルキャップ オーナメント交換手順】

1. 取付けるのと同じ要領でホイールよりセンターキャップを取り外して下さい。

2. センターキャップの裏側より、ドライバー等でオーナメントを押し剥がして下さい。

3. シンナー等で剥がした跡をきれいにふきとって下さい。

4. ふきとったあと乾燥させ、新しいオーナメントを貼り付けます。

※ ご注意

1. 一度剥がしたオーナメントは再使用出来ません。

2. キャップとツメ部を分解しないで下さい。組み付けの際、破損防止の為の専用治具が必要になります。

3. オーナメントがキャップと完全に粘着するまで(24時間位) は雨の中の走行は控える様にして下さい。

ドライバー等で押し剥がします。

リング取付け方法

デイトナスタイルリング取付け手順】

1. 車を平坦で安全に場所に止めて下さい。

2. ホイールのエアーバルブ位置を確認して下さい。

3. リングを箱から取り出し、内側のサポートリングの凹み位置がリング側と合っている事を確認して下さい。

4. ホイール側のバルブとリングの穴の位置を合わせ、手ではめ込みます。

※ ご注意

1. 車種により、多少キツイ場合がありますが、その際はなるべく水平にして"0度の位置→ 180度の位置" と順にたたき込む様にして嵌めて下さい。

★ 14"及び15"は径が大きい為、取り付け時にリングたわみ取り付けずらい場合があります。その際はタイヤを地面に水平に置いて最初に片側をはめ込み、はめ込んだ箇所を手で押さえながら反対側を慎重にはめて下さい。(2人で行うと容易に出来ます。)

2. 頻繁にリングの脱着を繰り返すとツメが折れる場合があります。

3. 装着の際は、必ず手で行って下さい。工具や足で行うと異常な負荷がかかりすぎリングが割れたり、ツメ部が折れたりします。

4. 車種によってはリングとホイールフランジ部 (淵) の間に最大で "〜5mm"程隙間が出来る場合があります。(しっかりとついていれば走行中にはずれてしまう事はありませんが気になる場合は使用前に限り返品を承ります。)

サポートリングの位置確認・調整をします。(写真は正しい位置)

          ↓

エアーバルブとリング側の位置を合わせます。

            ↓

リングを水平にして手ではめ込みます。

取付け完了です。